ブレイクタイム(その4)

こんにちは、倉橋です。

 

前回に引き続き、今回はブレイクタイムとして、「私の近況報告「当事務所の各メディアの位置づけ」などについて紹介したいと思います。

今回はあくまでも日記のようなものなので、知的財産権に関する知識をお求めの場合は、読み飛ばしていただいても問題ありません。

 

近況報告・活動報告

(1) 最近は、日々の業務の合間に当ブログ記事を作成しています。

これ以外にもメルマガやTwitter、LINE公式アカウント、Facebookページ、YouTubeチャンネルなど多数のメディアを作ったこともあって、効率的に業務を回す必要性に駆られております(汗)

 

 

(2) なお、個人の方や中小企業の方に、知的財産・知的財産権の考え方や知識、情報を解りやすく伝えるため、今年度(2021年度)から、

・「知的財産支援センター 運営委員」
・「知的財産の特別授業講師」
・「日本弁理士会の常設知財窓口の担当」

として活動を始めました!

参考サイト:「 日本弁理士会 知的財産支援センター
参考サイト:「 日本弁理士会 関西会 知財授業
参考サイト:「 日本弁理士会 関西会 常設知的財産相談室(大阪会場)

 

運営委員や講師として得られた公開情報や知識は、できるだけ業務に還元していきたいと思っています(守秘義務のある情報や、採択中の事項、個人情報などを除く)。

知的財産相談は30分無料です。なお、現在のところ電話形式、またはウェブ形式(Zoom・予約必要)のみとなっているので、ご注意ください。

 

 

当事務所の各メディアの位置づけ

当事務所の各メディアは次のような情報を発信予定です。

・ブログ :知的財産の情報発信①
・Twitter :ブログの更新情報、お知らせ
・メルマガ、LINE公式アカウント :知的財産の情報発信②、お知らせ、ステップ配信(ガイドブックの提供を含む)
・Facebookページ :お知らせ
・YouTubeチャンネル :知的財産の情報発信①

 

基本的に、メルマガとブログ記事の情報が最もリッチになると思われます。

メルマガは、ブログでは紹介していない知的財産の情報をステップ配信すると共に、独自に作成したガイドブックを添付して、細かな情報をお届けする予定です。

 

YouTubeチャンネルでは、基本的にブログ記事の中からピックアップした内容を動画にして配信する予定です。

 

今のところは以上のように考えています。よろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA