【ネーミング】ヒット商品や企業の名称の由来とは①【ムヒ、ポッキー、ソニー】

こんにちは、兵庫県 西宮市の弁理士・倉橋です。

 

さて今回は、タイトルにも記載したように、ネーミングについてになります。

特に、登録したい商標というのは優れたセンスでネーミングを行っており、そのネーミングが商品の売れ行きを左右することは疑いようのない事実ですよね。

 

 

では、ヒット商品を生み出した会社は一体どのようにして、その商品名を付けたのか。

今回からシリーズとして、いくつかのネーミングストーリーを簡単にご紹介していきたいと思います。

 

『ムヒ』の由来は?

皆様は、「ムヒ」という商品をご存じでしょうか?

きっと一度は使ったことがあるという人も多いのではないかと思います。

 

さて、この「ムヒ」ですが会社名ではありません。
「ムヒ」の製造元は、富山県に本社を置く 「株式会社 池田模範堂」です。

 

さて、この「ムヒ」。漢字で書くと「無比」になります。
他に比べる物がないほど優れた効き目の商品という意味を込めてつけられたとのことです。

 

なお、会社名についても、「社会の規範にならなくてはいけない」ということで「模範堂」と名付けたとのことです。なるほど、そういった思いを商品名や会社名として名付ける方法があるんですね。

 

 

『ポッキー』の由来は?

「ポッキー」は、江崎グリコ株式会社の登録商標です。

 

その由来は、まさかの「ポキっと折れるから」です。細い棒状の菓子が折れるときの擬音語「ポッキン」を文字って名付けられたとのこと。

なお、もともとは「チョコスナック」という名称で販売していたようですが、他者の登録商標と重なっていたため、名称変更されたらしいです。

 

 

『SONY』の由来は?

「SONY(現:ソニーグループ株式会社)」は、もとは東京通信工業株式会社という名称で、
「SONY(ソニー)」は、1955年に 音を意味する英語「Sonic」やラテン語「Sonus」、男の子(坊や)を意味する英語「Sonny」という言葉から生まれたブランド名です。

 

その際に、「Sonny」とすると、日本人が「ソンニー」と発音して「損に」を連想させてしまう可能性があったため、nを一つとって「Sony」となりました。

なお、ブランド名と同じソニーに社名を変更しようとする際(1958年)は、かなりの反対があったとのことです。社名の変更はどこも大変なようですね。

 

 

 

いかがでしたか?

名付けの由来をきくと、意外と簡単に付けられているようにも感じますよね。大ヒット商品も最初はこんな感じでネーミングされていました。

由来についてご紹介することで、皆様の商品・サービス、会社名のネーミングの参考になれば幸いです。

 

 

また、ネーミングや商標の登録などについて、ご質問やご相談がある方はお気軽にお問合せください。

それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA